債券運用戦略

グローバルなリソースを活用し、リスク管理の伝統に基づいた幅広い戦略の提供を通じて、世界各地のお客さまの資産運用を支援しています。

 

 

リスク管理の伝統に基づく

運用哲学

 

私たちは150年以上にわたって世界各地のお客さまの資産運用を支援してきました。徹底したリスク管理の伝統は、マニュライフ・インベストメント・マネジメントのグローバル債券運用チームがお客様にサービスを提供する際の中核となっています。


タイムライン

  1. 1862

    米国にて生命保険会社『ジョン・ハンコック・ミューチュアル・ライフ・インシュアランス・カンパニー』(以下『ジョン・ハンコック』)創立

  2. 1937

    カナダにて生命保険会社『マニュファクチャラーズ・ライフ・インシュアランス・カンパニー』創立、カナダ初代首相ジョン・A・マクドナルド卿を社長に選出

  3. 1973

    米国債券コア運用戦略を設定、運用開始

  4. 1986

    グローバル・マルチセクター債券運用戦略を設定、運用開始

  5. 2004

    『マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション』が『ジョン・ハンコック』を買収

  6. 2011

    中国債券市場に参入(マニュライフ・インベストメント・マネジメントは、RQFIIを最初に取得した運用会社のひとつ)

  7. 2013

    エマージング債券運用戦略を設定、運用開始

  8. 2014

    The Asset Benchmark Researchにおける『Most Astute Investors in Asian local currency bonds』に、8年連続でランクイン

  9. 2015

    債券運用戦略の資産運用残高が1,000億米ドルを突破

グローバルに統合されたプラットフォームで活かされる、ローカルな知見

グローバル債券運用チームに所属する100名超の運用プロフェッショナルは、卓越した成果の達成に尽力しているだけではありません。1年を通じて、日夜を問わず、あらゆる分野の能力向上に向けて努力を重ねています。

 

グローバル・ネットワーク

15拠点に150名超の債券運用プロフェッショナル
債券運用チーム数:10チーム
債券運用資産残高:1,760億米ドル

2019年12月31日現在(特に記載のある場合を除く)。運用資産残高(AUM)は米ドルベース。グローバル債券のAUMはマネー・マーケットの数値を含みますが、バランス型ポートフォリオで運用する債券残高を含みません。 

堅固なリソースが支える、リサーチ・プロセス

各運用チームは、マクロ経済分析やリスク分析からクレジット・リサーチ、トレーディングに至るまで、グローバルな資産運用会社としての堅固なリソースを共有・活用しています。確固とした基盤を持つことにより、ポートフォリオ・マネージャーは自らが最も得意とすること、すなわちそれぞれの専門分野で投資機会を積極的に追求することが可能になります。

例示のみを目的としています。

多面的な証券分析により、投資機会を発掘

リサーチ・チームは、狭義のクレジット市場のセグメントにこだわらず、様々な側面から銘柄分析を行います。こうした幅広いセクター横断的な視点から分析することで、個別の発行体と市場全体に内在するリスク・機会をより深く把えることが可能です。

資本構成

  • 変動金利ローンと証券化資産
  • シニア債と劣後債
  • 転換社債と優先株式
  • 普通株式
  • 権利とワラント

クレジット

  • 国債
  • 投資適格債
  • ハイ・イールド債
  • ディストレスト債/無格付債
  • ハイブリッド債/株式

地域

  • 先進国市場/エマージング市場
  • 米国/米国以外
  • アジア
  • ラテン・アメリカ
  • 中欧東欧・中東・アフリカ

例示のみを目的としています。特定の有価証券等の取得勧誘または売買推奨を行うものではありません。

幅広い債券ソリューション

グローバルおよび各国・各地域別、セクター特化型およびマルチ・セクター戦略など多様な戦略をお客さまに提供しています。

運用戦略一覧

Asia Total Return Bond Preferred Income
Canadian Core Fixed Income Strategic Fixed Income
Canadian Core Plus Strategic Fixed Income Opportunities
China RMB Bond Total Return Bond
Emerging Markets Debt U.S. Core Fixed Income
High Yield U.S. Core Plus
Municipal Bond  Japan Fixed Income Strategic Active

関連する投資環境分析レポート

新型コロナウイルスのアジア社債市場への影響

新型コロナウイルスの流行は、アジア地域の経済と金融市場にマイナスの影響を及ぼしています。本稿では、コロナウイルスのアジア社債市場への現在および将来予想される影響について、アジア・クレジット・ヘッド(除く日本)のフィオナ・チャンが、中国、インドネシアおよびインドの社債市場に焦点を当てて考察します。市場の変動が大きい時期は、独自のクレジット・リサーチが重要となり、厳格な銘柄選択の重要性が高まると考えています。
詳しくはこちら

2020 アウトルック・シリーズ:アジア・クレジット

2019年のアジア社債市場は、良好な投資環境を背景に、高いリターンを示しました。グローバルな低利回り環境が相対的に利回りの高いアジア地域への資本流入を促したこと、堅調な起債、健全な企業ファンダメンタルズがプラス材料となりました。2020年にクレジットの状況が著しく悪化することは考えにくいものの、相対的に脆弱な非公開企業や戦略的重要性が低い中国国有企業(SOE)に対する圧力は厳しさを増す可能性があります。本稿では、2020年も慎重な投資姿勢を崩さず銘柄選択に努めるべき理由について、アジア・クレジット・ヘッド(除く日本)のフィオナ・チャンが考察します。
詳しくはこちら

円建ハイブリッド債券投資の意義

過去10年に亘って続いた世界的な景気拡大にも陰りが見え始め、金利低下圧力が強まる中、相対的に高い利回りが期待できる資産が円建ハイブリッド債券です。金融機関に加え、成長のための資金需要が強い事業会社の円建ハイブリッド債券発行が相次いでいます。円建ハイブリッド債券への投資については、超低金利環境下において相対的に高い利回りが期待できるとともに、日本の金融システムの安定化、事業会社の成長戦略の支援、日本経済の活性化などに貢献できるという意義もあります。
詳しくはこちら