投資環境分析

最新の投資環境分析レポート

  • 農地投資:パフォーマンスに対する短期的な潜在的影響を考察する

    生産コストの上昇や地政学的な緊張など、供給サイドの問題はありますが、農作物需要のファンダメンタルズは、発展途上国における所得増加といった主要トレンドにより今後もけん引される見込みです。これに伴う食糧消費や需要の力強く安定した伸びが、農地投資の相対的に安定したヒストリカル・リターン継続の追い風となり、足元のリスクオフ環境下でも投資家にとって魅力的な選択肢となると期待されます。
  • 森林投資:シクリカルな課題を良好なファンダメンタルズが乗り越えていく

    今後12-18ヶ月間といった期間では、米国の住宅市場の先行き懸念などを背景に、森林投資の環境は不安定になるかもしれませんが、短期的なシクリカル要因は、森林の価値を支えるファンダメンタルズに対する長期的に前向きな見通しを変えるものではありません。
  • 自然への投資:「重要なこと」を測定する

    森林・農地が地域の環境やコミュニティに与えるプラスまたはマイナスのインパクトについて意味ある測定を行う方法とは?
  • 中国社債市場の明るいセグメント:地方融資平台

    急落した中国不動産セクターをはじめ、アジア社債市場ではボラティリティが高まり、相場が低迷しているにもかかわらず、オフショア市場の投資適格中国地方融資平台(IG LGFV) セクターは比較的底堅く推移し、年初来の純発行額は前年を大きく上回っています。
  • カーボンに重点を置く森林投資~期待される急速な成長

    カーボン・オフセット・クレジットの取引市場の急速な発達と森林プロジェクトで創出されるカーボン・インセットの機会は森林の管理方法の選択肢を広げ、投資家がリターン、炭素、ESGについて幅広い目標を実現するための新たな枠組みを提供します。